10秒で選考スキップ⁇ ▷コチラから見れます

【原因別対策付き】就活全落ちしたあなたに今読んでほしい記事

マナブ君

志望企業の面接全部落ちた…

周りの友達はみんな就活を終えて大学生活を謳歌してる。

そんな中自分だけリクルートスーツ着て企業巡り。

もうこの生活から早く抜け出したい。

けど今残っている会社ってブラックじゃないか不安…


こんな方に向けた記事です。

 

就活解禁からある程度時間も経った。

周りの友達も大半が就職活動を終えだした。

後輩も就活に動き出した。

その状況で自分だけ就活を続けるのは相当しんどい。

 

そんな20卒の君がすべきことをまとめた。

 

この記事で分かること
・就職留年(浪人)は避けろ

・あなたの就活全落ち要因

・これからの就活における対策

自分にあった対策をして無い内定から抜け出そう。

では早速見ていこう!

 

就職浪人(留年)という選択

就活全落ちを経験した人がまず思いつくのが

就職浪人 or 就職留年

ただこの選択はおすすめしない。

なぜか?

 

それはこの選択をした人の大半が翌年度も志望企業に内定出来ていないから。

就職留年しても志望企業から内定が出る業界は非常に限られている。

具体的には商社・ベンチャー以外の業界を志望している方は避けるべきだ。

詳しいことは以下の記事にまとめたので、気になる方は参考にしてほしい。

【20卒】就活失敗して絶望している君が卒業までに内定を得る方法

 

君の就活全落ち要因はどれだ?

君が全落ちしたのには間違いなく理由がある。

代表的な原因を5つピックアップした。

それぞれに適切な対策を以下に記したので参考にしてほしい。

1.コミュ障(面接が苦手)

まずはコミュ障 or 面接が苦手な君。

・面接官と視線を合わせるのが怖い。

・自分の容姿に自信がない

・極度の人見知り

このタイプの就活生は非常に多い。

そして高確率で就職活動に苦しむことになる。

上記の項目に当てはまる方は要注意だ。

 

2.準備不足

準備不足というのも非常に多い理由。

周りに流されてなんとなく就活をしている人に多い。

自分ではESも業界研究も人並みだと思っているかもしれない。

しかし、全くそんなことはない。

周りの就活生は君が思っている以上の時間をかけて準備している。

 

3.大手病

大手の有名企業ばかりを志望する。

いわゆる大手病に陥った就活生。

これも非常に多い。

「自分は絶対に大手に入るんだ!」という気合は認める。

ただ世の中の企業ってほとんどが中小企業。

みんなの知る大手企業なんて1割未満の企業でしかない。

そこを把握しておかないとドツボにはまる。

 

4.業界・職種を絞りすぎ

「絶対広告業界!」

「何が何でもマーケティングがやりたい!」

自分の明確な志望分野があるのは素晴らしい。

ただ、本当に君はその業界・職種に適性があるの?

好き≠向いている

ということを認識しよう。

 

5.そもそもエントリー数が少ない

10数社しかエントリーしてないって方。

売り手市場だからって就活を少し舐めすぎ。

就活生は平均30~40社のエントリーをこなしている。

格段にエントリー数の少ない君は売り手市場を過大評価しすぎ。

人気企業では売り手市場という言葉は当てはまらないことを知ろう。

 

就活全落ち要因別の対策

ここでは上記の原因別に対策法を示していこうと思う。

原因が違えば、対策も変わってくるので、自分にあう方法を見つけてほしい。

自分の面接を録画しよう(1の君へ)

1.コミュ障 or 面接が怖い君は自分の面接を録画してみよう。

家でスマホで録画して以下の項目に注意してみてほしい。

・自分の声の大きさ大丈夫?

・1回の回答が長すぎない?

・姿勢がまっすぐ伸びてる

・架空の面接官と目線があってる?

馬鹿馬鹿しいかもしれない。

けどこれをやると自分の姿をみて驚くはず。

声聞こえない、背中曲がってる、目線がキョロキョロしてる等

これをちょっと改善するだけで君の印象は劇的に変わる。

 

5分で出来るので暇なときにやってみよう。

 

周りを頼れ(2の君へ)

2.準備不足の君は周りに助けを求めよう。

自己分析をやれ!

ESを磨け!と言われても今から一人ではしんどいはず。

1人では反省点は絶対に見つからない。

なら他人に頼ればいい。

君の周りの家族・友達を頼ってみよう。

きっと親身になってアドバイスしてくれるはず。

周りにそういう人が居なければ優良就活エージェントを頼ろう。

就活のことは就活のプロに頼むのが一番だ。

無料なのでまずは気軽に試してみると良い。

ES・面接ともに劇的な変化が見込める。

無料の就活エージェントを見てみる↗

 

志望企業を広げよう(3・4・5の君へ)

3.4.5の君に通じるのは志望企業を絞りすぎだということ。

以下の図を見てほしい。

 

実は合格率って就活生間でそれほど変わらない。

大きく差が出るのはエントリー数。

単純だがエントリー数を増やせば内定は意外とすぐ出る。

一つ内定を獲得してしまえば、内定を取る勘が身につく。

まずは好き嫌いせずに色んな企業を見てみよう。

時間がないなら内定直結型就活イベントに参加するのも一つの手だ。

  • 優良企業のみを選出
  • 参加者内定率96%
  • 選考のスキップ権付与
  • QUOカード3000円分貰える


これだけの特典がある。

効率よく就活を進めるには是非参加したいイベントだ。

 

就活全落ちまとめ

自分のこれからの方向性が見つかっただろうか?

この機会に是非チャレンジしてみよう。

自分の就活状況の変わりように驚くはず。

一度内定を取りだしたら一気に良い循環に入る。

内定の勘というものを一度体験してほしい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

皆さんの就職活動が上手くいくことを願っております。

Meets Companyで短期間内定を取る方法をお伝えします。

辛かった就活鬱から早く脱出できます。

 

【関連記事】

内定ゼロのダメな自分に終止符を。君がミーツカンパニーを今使うべき理由

ミーツカンパニーには不向きな学生がいるらしい。優良企業内定を目指す就活生へ