10秒で選考スキップ⁇ ▷コチラから見れます

テストセンター当日の流れを徹底解説(服装・持ち物・遅刻の連絡)

本記事ではテストセンター当日の動きを解説します。

 

テストセンターってわからないことばかりですよね?

初めてだと想像もつかないはずです。

緊張した状態では本来の力も出せません。

この記事でイメージを掴んでおくと気が楽なはずです。

 

本記事は以下のような方に向けてのものです。

・テストセンター当日って何がいるの?

・服装はスーツじゃないとダメなの?

・遅刻/キャンセルはどうすればいいの?

こういった疑問に答えていきたいと思います。

 

「テストセンターって何?」という方は先に以下の記事をご覧ください。

 

では早速見ていきましょう!

 

テストセンター当日の動き

まずはテストセンター当日の動きを確認していきましょう。

1.指定の日時に会場の受付を訪ねる

2.受付で受験票と身分証明書を提示する

3.荷物をロッカーにしまい、待合室で待つ

4.受験票と身分証明書を提示して試験室に入る

5.試験終了後、自身のタイミングで退出

 

1.指定の日時に会場の受付を訪ねる

まずは指定の日時に会場に向かいましょう。

混んでいることも多いので15分前には着いておくべきです。

会場に着いたらエレベーターなどで受付階に向かってください。

 

2.受付で受験票と身分証明書を提示する

受付では受付表と身分証明書を提示します。

受付が終わると、待合室に通されます。

待合室に一度入ると、お手洗いには行けません。

お手洗いに行く場合はここまでに済ませておきましょう。

 

3.荷物をロッカーにしまい、待合室で待つ

待合室にはロッカーがあります。

指定ではないので基本的には空いているロッカーが使用できます。

別途指示がある場合はそちらに従ってください。

ターム名が呼ばれるまで、ソファで待ちましょう。

 

 

4.受験票と身分証明書を提示して試験室に入る

ターム名が呼ばれたら、受験票と身分証明書を提示します。

ここで持ち込めるのは

・身分証明書

・指定の筆記用具

・ロッカーの鍵

のみです。

 

自分の筆記用具、時計などは持ち込めないので注意してください。

確認が終わると、試験室に入るよう指示が出ます。

 

5.試験終了後、自身のタイミングで退出

試験室に入り、パソコンを操作します。

パソコン画面の指示に従って、テストを開始しましょう。

テストが終われば、試験室を退出します。

筆記用具を試験官に返して、待合室を出ましょう。

 

 

お疲れ様です。

以上が一連の流れです。

 

続いては当日よくある疑問を解消しておきましょう。

 

テストセンター当日の服装は?

テストセンター当日の服装の指定はありません。

スーツでもジーンズでもスカートでもなんでも構いません。

 

ただ時期によって服装の割合が変わります。

年明け前

私服の割合高め。リクルートスーツの受験生はほとんいない。

 

年明け直後

私服とリクルートスーツの割合が5分5分くらい。

 

4月以降

リクルートスーツが多い。

目安はこんな感じです。

 

浮きたくなければ、時期によって服装を使い分ける必要があります。

個人的にはスーツは動きにくいので、私服での受験をおすすめします。

 

テストセンター当日の持ち物は?

テストセンター当日の持ち物は以下の2点です。

1.受験票

2.身分証明書

 

1について、コピーできない場合は紙での代替が可能です。

紙に「テストセンターID」、「カナ氏名」、「検査名」、「会場名」、「日程」、「ターム」をメモして受付に提示しましょう。

 

2について、顔写真付きである必要があります。

運転免許証や学生証などが無難でしょう。

 

 

また当日、筆記用具・時計・料金は不要です。

筆記用具は会場指定のものが配布されますし、時計は持ち込みが出来ません。

テストセンターの受験料は会社負担なので、就活生が支払う必要はありません。

 

当日は最低限上記の2つだけは忘れないようにしましょう。

 

当日の遅刻やキャンセルはどうすればいい?

当日、遅刻やキャンセルする場合はWEBから予約の変更手続きをしましょう。

変更が可能なのは1時間前までです。

ここを過ぎると、WEB上では手続きが出来ません。

この場合は会場に直接問い合わせましょう。

これで予約の変更が可能です。

 

うっかり手続きを忘れてブッチすると…

規約上は再受験が出来ないことになっています(笑)

 

くれぐれも自分の予約日時はしっかりと把握しておいてください。

 

 

まとめ

テストセンター当日の動きを解説してきました。

なんとなくイメージが湧きましたか?

分からないことだらけで不安だと思います。

事前にしっかり予習をしておくことをおすすめします。

予習していると気持ちもずいぶん楽ですよ。

 

皆さんがいい結果を出せることを願っております。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

関連記事
テストセンターのボーダーを徹底解説!(正答率9割という都市伝説は本当か)