10秒で選考スキップ⁇ ▷コチラから見れます

【圧倒的】早慶の就職実績(私学の雄は就活もハンパない!)

早慶

それは私立大学の頂点。

早稲田 vs 慶應という構図の歴史は長い。

その就職状況は東大・京大といった難関国公立にも引けをとらない。

今回はそんな早慶双方の就職・偏差値について詳しく見ていこう。

双方とも私学の雄にふさわしい結果となった。

 

本記事は以下のような方に向けてのものだ。

・早稲田の学生で就職状況が気になる

・慶應の学生で就職状況が気になる

・受験生で早慶を候補に考えている

では早速詳しく見ていこう!

 

そもそも早慶とは

早慶とは関東の難関私学の呼称です。

(早)稲田大学

(慶)應義塾大学

これら2大学の頭文字をとって早慶と呼ばれます。

(慶應では早慶ではなく慶早と呼びます)

 

関東の私学には他にMARCH・日東駒専などがあります。

この中で早慶が頂点に君臨しています。

受験偏差値・就職ともに私学では圧倒的な成績を誇ります。

次は早慶の大学受験偏差値を確認しておきましょう。

 

早慶の大学受験偏差値

早慶は学部による受験偏差値の違いが大きいのが特徴です。

今回は東進ハイスクールの偏差値表を使用させていただきます。

早稲田大学の受験偏差値

政治経済学部   72.0

法学部      72.0

商学部      71.0

社会科学学部   71.0

教育学部     68.0

国際教養学部   70.0

先進理工学部   66.0

文化構想学部   73.0

人間科学学部   71.0

東進ハイスクール

 

慶應義塾大学の受験偏差値

医学部      71.0

経済学部     69.0

法学部      67.0

商学部      68.0

総合政策学部   68.0

環境情報学部   68.0

文学部      67.0

理工学部     66.0

薬学部      66.0

東進ハイスクール

 

受験偏差値の早慶の序列

受験偏差値を見てみると早稲田大学は理工以外偏差値70越えです。

総合的に慶應より優勢に見えます。

しかし、早稲田は科目数が少ないことで有名です。

例えば、早稲田人間科学部と慶應医学部は偏差値が同じ71.0です。

受験を経験した方であれば、慶應の医学部は東大・京大医学部に並ぶほどの難易度であることはご存知でしょう。

ここに科目数のトリックがあります。

偏差値だけを見て、一概に

早稲田大学>慶応義塾大学とはなりません。

 

就職市場における早慶の位置づけ

さて遂に早慶の就職事情についてです。

他の大学群に比べて、早慶がどのような立ち位置にあるのか見てみましょう。

東京一工

ーーーーーー超高学歴の壁

早慶・難関国公立(大阪大学など)

ーーーーーー

上智・東京理科大・ICU

ーーーーーー上位学歴フィルター

MARCH・関関同立・中位国公立

ーーーーーー学歴フィルター

日東駒専・産近甲龍

ーーーーーー高学歴の壁

大東亜帝国・摂神追桃

多少の上下はあるものの大抵このような分類になっております。

全ての企業で一律ではありませんが、おおよそこのような区切りになります。

早慶は就職市場において難関国公立と並んでいることが分かるかと思います。

 

学歴フィルターの詳細はコチラをご覧ください。
学歴フィルターは1つじゃない?(就活で学歴フィルターを打ち破るには)

 

早慶の就職実績

実際の早慶の就職実績を見てみましょう。

ここでは就職最強と言われる双方の経済学部を取り上げます。

早稲田大学(政治経済学部)

・東京都職員Ⅰ類

・みずほフィナンシャルグループ

・アクセンチュア

・三菱東京UFJ銀行

・日本放送協会(NHK)

・東京海上日動火災保険

・三井住友信託銀行

・有限責任あずさ監査法人

・国家公務員総合職

 

慶應義塾大学(経済学部)

・みずほ銀行

・三菱東京UFJ銀行

・東京海上日動火災保険

・野村証券

・アクセンチュア

・三井住友銀行

・新日本有限責任監査法人

・SMBC日興証券

・三井住友海上火災保険

・みずほ証券

・三井住友信託銀行

・三菱UFJ信託銀行

・日本航空

・大和証券

・明治安田生命保険相互会社

・有限責任あずさ監査法人

・有限責任監査法人トーマツ

・アビームコンサルティング

・りそなホールディングス

・三菱商事

・商工組合中央金庫

・電通

・東京都

・日本政策金融公庫

上記が早慶の主な就職先です。

正直言って超有名大企業ばかりです。

さすがは私学の雄早慶といったところでしょうか。

エリート街道まっしぐらですね。

外資就活の選考体験記をみていると分かるんですが、難関企業の選考体験記は基本的に東京一工早慶の学生です。

 

早慶の人気企業就職率を比較

ここでは東洋経済の発表している人気企業就職率を比較します。

7位 早稲田大学   37.3%

3位 慶應義塾大学  46.5%

早稲田大学が37.3%、慶応義塾大学が46.5%という驚きの結果になりました。

同期の2~3人に1人が有名企業に入るとは恐ろしいですね…

ここでは慶應が10%程度の差を付けています。

慶應はエリートサラリーマン養成学校などと言われますが、この結果に表れていますね。

 

早慶と東大・京大の差は?

受験市場で早慶の上位に君臨する大学と言えば東大・京大。

彼らの就職先と比較してみるとどうでしょう。

(東大・京大に関して学部別のデータがありませんでした…)

まずは京大

京大の主な就職先

・エヌ・ティ・ティ・ドコモ

・九州電力

・京都市役所

・経済産業省

・厚生労働省

・ゴールドマンサックス

・サイバーエージェント

・商工組合中央金庫

・東京海上日動火災保険

・東芝

・日本銀行

・日本郵船

・農林中央金庫

・リクルート

・アクセンチュア

etc

アイデア共有ブログ参照

 

次は東大

東大の主な就職先

・三井住友銀行

・三菱東京UFJ

・東京海上日動火災保険

・NHK

・伊藤忠商事

・三菱商事

・みずほフィナンシャルグループ

・三井住友信託

・住友商事

・ワークスアプリケーションズ

・日本政策投資銀行

・ゴールドマンサックス証券

・三井物産

・丸紅

etc

東大新聞オンライン参照

いかがでしょうか?

方向性に多少の違いはあるものの、それほど就職先に違いは見られません。

そうです。

このレベルになると大学名ってそれほど重要ではないんです。

個人の力量に全てがかかっています。

 

ちなみに東大・京大の人気企業就職率をみてみると、

27位 東京大学  28.2%

17位 京都大学  32.4%

となっています。

 

これは両校とも起業やベンチャーに行く人が多いからだと言われています。

ただ早慶は東大・京大と比べても遜色ないことはお分かりいただけるでしょう。

関連記事
東大生・京大生の就活!人気企業ランキングを見て思うこと

 

まとめ

早慶の就職事情について見てきました。

このレベルまでくると就職は個人の力量です。

在学中、サボっていた人は惨敗します。

逆に在学中に何かを習得した人は大勝をおさめます。

 

大勝側にまわれるように早めに就職準備を始めていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

高学歴の君はOB訪問で就活を有利に進めよう

商社・メディア業界にはOB訪問ルートがあるの知ってますか?

 

【関連記事】

ビズリーチ・キャンパスを徹底解説!あの有名企業からもスカウトが来るOB訪問サービス。

ビズリーチ・キャンパスを徹底解説!あの有名企業からもスカウトが来るOB訪問サービス。