10秒で選考スキップ⁇ ▷コチラから見れます

【3分で読める】メーカー業界の就職偏差値と雰囲気をざっくり解説(2020最新版)

高倍率なことで有名なメーカー業界

数少ない枠にかなりの人数の学生が応募します。

明治の採用倍率が3000倍なんて話を聞くと、人気メーカーに内定するのがどれほど難しいか想像がつくはずです。

人気メーカーの多くがBtoCです。

普段から私たちが消費者として商品に触れているので志望しやすいのかもしれません。

メーカー選考の難関は何と言ってもES通過。

高学歴の学生であっても質の低いESを出せば容赦なく落ちます。

今回はそんなメーカーの就職偏差値と業界の概要をご紹介します。

以下の目次から好きな項目に飛ぶことが可能です。

メーカーの中でも志望する業界がある程度定まっている人は目次をクリックして飛んでください。

では早速見ていきましょう。

 

そもそも就職偏差値とは

就職偏差値とは2ch就職版でユーザー達が企業の難易度・人気度を議論し数値化したものです。

 

企業が正式に作成したわけではなく、一般人の主観によって作成されているランキングです。

年度によって順位が変動することをお忘れなく。

就職偏差値に関する詳細は「就職偏差値ランキング(2020最新版)信用して大丈夫?【業界毎の解説リンク付き】」にまとめました。

就職偏差値ランキング(2020最新版)信用して大丈夫?【業界毎の解説リンク付き】

 

では実際の就職偏差値ランキングを見てみましょう!

 

メーカーの就職偏差値ランキング(最新版)

メーカー就職偏差値ランキング(総合)

[65] トヨタ

━━━

 

[64] サントリー

[63] 新日鐵 味ノ素 キリン

[62] 三菱重工 アサヒビール 任天堂 旭硝子

[61] 日産 JFE ホンダ 信越化学

[60] デンソー コマツ JT 日清製粉G本社 花王 キーエンス 富士フィルム 住友化学

 

━━━

 

[59] 日東電工 旭化成 日立製作所 東レ 住友電工

[58] 住友鉱山 JX金属 三菱ケミカル 明治 サッポロビール

[57] 三井化学 三菱マテ 川崎重工 三菱電機 豊田自動織機 ソニー

[56] 住友重機 積水化学 カルビー キッコーマン 三菱ガス化学 クラレ 武田薬品 クボタ 古河電工 日清食品 パナソニック 島津製作所 キヤノン 富士ゼロックス 村田製作所

[55] 王子製紙 オムロン TDK リコー イスゞ 日立化成 JSR 宇部興産 大陽日酸 日本触媒 ブリヂストン IHI 帝人 東ソー アイシン精機 昭和電工

 

━━━

 

[54] 日本製紙 神戸製鋼 カネカ ダイハツ 日本ガイシ トヨタ車体 ジェイテクト 日本ゼオン 太平洋セメント 日本電気硝子 ニコン エプソン カゴメ 日立金属 三井金属 ユニチャーム アステラス オリンパス アイシンAW

[53] 東京エレクトロン 東洋水産 日本軽金属 日新製鋼 塩野義 資生堂 YKK NOK 江崎グリコ ヤクルト コクヨ コニカミノル TOTO

[52] 日産化学 ヤンマー ブラザー工業 古河機械 富士重工 日本精工 ライオン 大同特殊鋼 日本ハム ハウス食品 ヤマハ発動機

[51] 不二製油 日本ペイント 関西ペイント エアウォーター 電気化学 第一三共 中外 ダイキン コーセー 富士通 NEC

就職偏差値ランキング委員会

メーカー業界の就職偏差値は以上のようになっています。

上記で示している就職偏差値表は理系・文系混合のものでメーカーという大きい括りのものです。

メーカーと一言で言ってもその中には食品・化学・機械など様々な業界が含まれています。

以上の表ではそういったものは考慮せず、とりあえず雑多な感じになっています。

次はメーカーの業界ごとに就職偏差値と雰囲気を見ていきましょう。

 

メーカー業界の雰囲気ざっくり解説

自動車・自動車部品メーカー(トヨタ等)

XXX トヨタ自動車 豊田中央研究所(文系限定)

XX* 本田技研工業

X** 豊田自動織機(トヨタの親会社)

SSS デンソー トヨタ車体 日産自動車

SS* アイシン精機 ブリジストン マツダ いすゞ自動車

S** ヤマハ発動機 ダイハツ工業(海外) 日野自動車 関東自動車工業

AAA アイシンAW ダイハツ工業(国内)

AA* スズキ(海外組) 日産ディーゼル 住友ゴム NOK 日本精工 NTN 小糸製作所
*** 日本特殊陶業 日本ガイシ 日立製作所オートモティブシステム 大同特殊

A** 富士重工業(給与BBB ~ B) 三菱自動車 豊田合成
*** スタンレー電気 東海理化 横浜ゴム ジャトコ FCC ケーヒン
*** フタバ産業 日信工業 ニッパツ 東海ゴム トヨタ紡織 ボッシュ ジェイテクト ショーワ

BBB スズキ(国内組) フジオーゼックス 東洋ゴム カヤバ工業 矢崎総業 テイエステック
*** サンデン アスモ 愛知製鋼 八千代工業 光岡自動車 愛三工業 カルソニックカンセイ

BB* シロキ工業 曙ブレーキ 山田製作所 富士通テン 愛知機械 タチエス トヨタテクニカルDT
*** 日鍛バルブ テージーケー トヨタテクノクラフト 日産工機 日本デルファイオート
*** 豊生ブレーキ NISMO 中央発條 ボルグワーナモールステック TRWオートモーテイブ
*** 武蔵精密 プレス工業 コンティネンタルテーベス 市光工業

B** 大豊工業 村上開明堂 共和レザー ユニバンス 河西工業 富士機工 エフテック

CCC ユタカ技研 住友電装 山下ゴム エンケイ アイエス精機 豊和繊維工業

D** トヨタテクニカルディベロップメント 全てのディーラー
*** ミツバ オーテック シマノ テイン トリニティ工業 フォルクスワーゲン M-TEC

偏差値ランキング図書館より引用

自動車メーカーは長く日本の経済を牽引してきた。

その中でもトヨタは別格。

子会社も含めた連結決算で日本のGDPの1割を占めるというのは有名な話。

自動車生産台数も世界一位の超が付くほどの大企業。

この業界全体の傾向として真面目な方が多い。

特にトヨタの社員は真面目な方が多く、10回弱あるリクルーター面談は大変。

 

残りの自動車主要メーカーはホンダと日産。

ホンダは何と言っても技術が強み。

常に新しいことに挑戦する好奇心が求められる。

創業者の本田宗一郎の流れを色濃く受け継いでいる。

日産は海外という目線が強い。

CEOにカルロス・ゴーンを迎えたのは象徴的。

グローバルマーケットコースではTOEIC730以上が必要なので英語は早めに克服しておこう。

 

鉄鋼メーカー

70 新日本製鐵
69 JFEスチール
67 住友電工
65 住住友金属工業
64 三井金属
63 神戸製鋼
62 住友金属鉱山
61 日鉱金属 同和
60 古河電工 大同鉱業
59 日立電線 三菱マテリアル
58 山陽特殊製鋼
57 フジクラ
56 古河スカイ
55 住友軽金属工業 住友チタニウム
54 日本軽金属 東邦チタニウム
52 古河機械金属 三菱アルミニウム
50 東邦亜 矢崎総業
49 昭和電工 中外鉱業
45 三菱電

偏差値ランキング図書館より引用

鉄鋼メーカーというのは普段生活している中では意識しないかもしれない。

だが、車・家・会社あらゆるところに使われている。

鉄鋼メーカーのビジネスモデルはシンプルで
「鉄鉱石を買って、加工して売る」
これだけ

八幡製鉄所時代から大きな変化はない。

当時に比べてM&Aが盛んになった程度である。

認知度は低いが、結構な人気業界。

給料は高水準だし、国の保護もあるので当分は衰退しないだろう。

社員の特徴としては男性比率が高く、体育会系。

出張・現場勤務などもあるため、女性には厳しい労働環境かもしれない。

ちなみにお酒が弱い方も避けたほうが良い業界。

 

精密機械メーカー

[70] (外資本体)

━X━

[68] TI

[63] ソニー パナソニック* デンソー(半導体部門)
[61] アイシン精機(半導体部門)

━S━[旧帝・早慶妥当ライン]━

[60] 三菱電機 ルネサス Freescale

[59] 東芝* 富士通 旭化成エレクトロニクス 住友電工
[58] オムロン リコー TDK ヤマハ 東海理化(IC部門)
[57] セイコーエプソン Spansion Micron 村田製作所
[56] 日立GST SanDisk 浜松ホトニクス ザインエレクトロニクス 日本フィリップス(営業) メガチップス ●キーエンス

━A━[駅弁・マーチ妥当ライン]━

[55] ●京セラ アルプス電気 富士電機* NTTエレクトロニクス
[53] ▲ローム 太陽誘電 新日本無線 ミツミ電機 スタンレー電気 日亜化学 日本インター
[52] ▲沖電気工業 NECトーキン サンケン電気 イビデン ホシデン トレックス アクセル 東光 シチズン電子 ヒロセ電機 セイコーインスツル カシオマイクロニクス ブルックマンテクノロジー

就職偏差値ランキング委員より引用

メーカーは基本まったりというイメージがあるかもしれないが、精密機械メーカーに関してそのイメージはあてはまらない。

なぜなら変動が目まぐるしい業界だから。

有名どころでいうと富士フィルム・キャノン・ニコンなんかがある。

これら企業は当初、カメラ事業に注力していた企業だ。

その技術力を生かして、近年ではIT化の流れにキャッチアップしている。

最も舵取りが上手くいったのが富士フィルムだろう。

富士フィルムは多角化の成功例として大学などで取り上げらることが多い。

多様な事業分野があり、化粧品、薬などでも成果を出しているのが富士フィルムだ。

ネットでは日本企業体質などと呼ばれたりするが、むしろ逆。

日系企業にはめずらしくUp or Outの環境。

そのため給料がとんでもなく高水準。

 

食品メーカー

[72] キリンHD 味の素 アサヒビール
[70] サントリー

[67] 日清製粉 サッポロビール
[66] 明治 HD 日清製粉 日清食品HD
[65] カゴメ ヤクルト日本水産 カルピス

[64] 江崎グリコ キッコーマン ハウス食品
[63] 味の素ゼネラルフーズ 日清オイリオ 日清フーズ 日本製粉
[62] ミツカン 宝HD 森永製菓 日本ハム
[61] マルハニチロ 森永乳業 明治乳業 ネスレジャパン
[60] メグミルク コカコーラウエスト カルビー アサヒ飲料

[59] 理研ビタミン サントリーフーズ オイルミルズ ロッテ ヤマサ
[58] キリンビバレッジ 不二製油 カンロ 雪印乳業 ニチレイ 日本食品化工
[57] 明星食品 キユーピー 昭和産業
[56] 六甲バター
[55] 塩水港精糖 和光堂 オリエンタル酵母工業 攝津製油

[54] 北海道コカ・コーラボトリング ブルドックソース
[53] ヱスビー食品 三星食品
[52] ソントン食品工業 ボーソー油脂
[51] 紀文フードケミファ アヲハタ ユタカフーズ 中部飼料
[50] フジ日本精糖 佐藤食品工業

[49] 増田製粉所 井村屋製菓 あじかん ローマイヤ
[48] 日和産業 亀田製菓 ブルボン 福留ハム 旭松食品
[47] ミホウジャパン ダイショー はごろもフーズ キューサイ
[46] 石井食品 シノブフーズ 雪国種苗
[45] ジャパンフード&リカー・アライアンス 篠崎屋

最後に食品メーカー。

ビジネスモデルはいたってシンプルで食料品を作り売るのみ。

しかし、味の素などは事業領域を拡大し、薬の販売まで手掛けている。

この業界は真面目という印象はなく、明るい方が多い。

お菓子メーカーなどは馴染みやすく、とんでもない倍率になる。

そのため高倍率を越えてくるのは、明るく人格的に優れた方が多い印象。

給与水準も高いわりに長時間労働というわけではない。

食品メーカーが人気な理由が分かっただろう。

 

メーカー志望はESを磨け!

これは散々言われていることなのでご存知の方が多いはず。

メーカーはES通過のハードルが高い。

コンサル業界なんかは面接重視なのでメーカーと併願するとそのES通過率の悪さに驚くはず。

それくらいメーカーのES対策は大事。

メーカー志望の方はほとんど入っていると思いますが、UnistyleなどのサイトでESの質を高める必要がある。

>>2万枚超の内定者ESを参考にする

 

Unistyleなどですでに対策していることを前提として、ES対策で最も有効なのは

視座の高い他者にESを見てもらうこと

これが非常に重要です。

簡単に言うと、社会人か就活のプロに聞けということです。

そのための方法は2つです。

1.社会人にOB訪問をして添削してもらう
2.就活エージェントに添削してもらう

OB訪問で添削してもらう

1の方法は確実ですね。

その企業で働いている方の目線なので、厳しいフィードバックをくれるはずです。

OB訪問はある程度ESを書いたことがあるかたにおススメです。

あまりにひどいESだとあなたの評価も下がってしまいます。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

(21卒)迫りくる就職活動。OB・OG訪問から始めてみない?

 

就活エージェントに添削してもらう

2の方法は新卒では馴染みないかもしれません。

就活エージェントを使うと就活のプロが適切なアドバイスをくれます。

こちらはどちらかというと

「ESがなかなか通らない」

「ESを書くコツってあるの?」という方が利用すべきです。

 

ここで重要なのは適当にエージェントに頼るのではなく、サポートの手厚い無料エージェントに頼るということ。

無料でもES・GD・面接対策まで網羅しているので安心です。

無料の就活エージェントの中では「キャリアチケット」の人気が一番高いです。

【5秒で分かる】君はキャリアチケットを使うべき⁇評判・使い方を大公開」の記事にも書きましたが、多くの就活サービスが無理やり就活生をブラック企業に紹介し評価を落とす中、キャリアチケットは高評価を保っています。

就活エージェントは合う合わないがあるのでカウンセリングを受けて判断することをおすすめします。

皆さんの就職活動が上手くいくことを願っております。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

是非、以下の業界の就職も参考にしてください。

就活相談ならキャリアチケット


 

最短3日間で内定が獲得できる無料就活エージェントのキャリアチケット。一人一人に専任のアドバイザーがつきESから内定までフォローしてくれる制度が話題で内定率80%越えを達成。口コミも新卒就活エージェントではトップの4.8を記録している。

 

キャリアチケットのHPへ☞